採用支援市場規模の可能性と挑戦

query_builder 2024/06/10 人材育成 求人 法人 マーケティング
近年、様々なビジネスモデルが登場している中で、採用支援業界もその一つとして注目を集めています。この記事では、現在の採用支援市場規模とその成長予想について具体的に解説し、可能性と未来の展望を探ります。
株式会社アクタム
ロゴ
建設業界に特化した映像コンサルティングサービスを展開し、場所を選ばずにオンラインで対応できる体制を整えています。企業様が抱える様々なお悩みに寄り添ったサポートができるよう、尽力しております。
株式会社アクタム
住所:

〒164-0013

東京都中野区弥生町3丁目32-1

電話番号:
090-6115-7292

採用支援とは

採用支援とは一体何なのでしょうか。その意味と目指すものについて説明します。

採用支援の定義

採用支援とは、企業の採用活動をサポートするためのサービスを指します。採用支援は、人材採用における課題を解決し、効率的かつ効果的な採用プロセスを実現することを目指しています。

具体的には、求人広告の作成や採用戦略の立案、応募者のスクリーニング、面接のセッティングなど、企業が適切な人材を採用するために必要な一連の業務を支援します。

採用支援は、企業の人材ニーズや採用の目的に合わせてカスタマイズされることが特徴です。例えば、新卒採用や中途採用など、異なる採用形態に対応するサービスが提供されています。また、業界や職種に特化した採用支援や、特定の地域での採用支援など、細分化されたサービスもあります。

有料のサービスとして提供されることが一般的ですが、その費用は採用支援の内容や範囲によって異なります。採用支援を利用することで、企業は労力や時間を節約し、より効率的に優秀な人材を採用することができます。

また、近年ではテクノロジーの進化により、AI(人工知能)を活用した採用支援も増えています。AIを用いることで、応募者のスキルや経験を自動的にスクリーニングしたり、採用予測モデルを作成したりすることが可能となります。

採用支援の存在は、企業が適切な人材を採用する上で欠かせないものとなっています。市場規模も着実に拡大しており、今後の成長が期待されています。採用活動の効率化や優秀な人材の獲得に向けて、企業は採用支援を活用することで競争力を高めることができるでしょう。

採用支援の目的と役割

採用支援の目的は、企業が適切な人材を採用し、組織の成長や競争力の向上を図ることです。そのために、以下のような役割を果たしています。

まず、採用支援は人材の獲得という基本的な役割を果たします。人材市場は日々変動しており、優秀な人材を採用することは容易ではありません。採用支援は、求人広告の最適化や採用チャネルの活用、応募者のスクリーニングなど、適切な人材を企業に引き寄せるための手段を提供します。

また、採用支援は採用プロセスの効率化にも貢献します。面接のセッティングや書類審査など、採用活動には多くの作業が伴います。採用支援によって、これらの作業を効率化し、時間と労力の削減を図ることができます。これにより、企業はスムーズな採用プロセスを確立し、人材の採用期間を短縮することができます。

さらに、採用支援は企業のブランドイメージの向上にも寄与します。優れた採用支援サービスを利用することで、企業は求職者に対して信頼性や魅力をアピールすることができます。また、応募者に対する円滑なコミュニケーションや応募者の満足度の向上も重要な役割となります。これらの要素は、企業のブランドイメージを向上させ、優秀な人材の獲得にもつながります。

採用支援は、企業にとって人材採用の課題解決や効率化を実現する重要な機能を持つサービスです。そして、採用支援市場の拡大も、その重要性が認識されていることを示しています。今後は、テクノロジーの進化により AI を活用した採用支援や、リモートワークに対応する新たなサービスが増えることも予想されます。企業は自社の採用ニーズに合わせた採用支援サービスの選択と活用を通じて、人材確保と組織の成長を実現していくことが求められています。

採用支援市場の規模

現在の採用支援市場の規模について述べます。

現行の採用支援市場規模

現在の採用支援市場は、着実に拡大しています。人材確保の難しさや適切な採用活動の需要増加に伴い、採用支援サービスの需要が高まっています。

具体的な数値については、各種調査機関や企業の報告によって異なりますが、採用支援市場は年々成長しています。人手不足の中小企業の採用ニーズの増加や、労働市場の変動による人材ニーズの変化が市場の拡大を後押ししています。

また、採用支援市場は様々な形態を持っています。例えば、求人広告や採用エージェンシーなどが存在し、企業が自社の採用ニーズに応じてサービスを選択することができます。さらに、最近ではテクノロジーの進化により、AIを活用した自動化された採用支援サービスも増えてきています。これにより、多くの企業が効率的かつ効果的な採用活動を実現するために採用支援サービスを活用しています。

市場の拡大とともに、採用支援市場に参入する企業も増えています。競争が激化する中で、採用支援業界はサービスの多様化やコスト競争などを通じて、企業や求職者に対して付加価値を提供し続けています。

今後も採用支援市場は成長が期待されます。人材の需要と供給のバランスが緊密になりつつあり、採用活動の重要性がますます高まっているからです。また、テクノロジーの進化や働き方の多様化によって、採用支援に対する新たなニーズが生まれています。リモートワークの増加やAIの活用など、これらの変化に柔軟に対応する市場が求められています。

採用支援市場は、人材の採用という企業の重要課題に対して有益なソリューションを提供しています。企業は自社の採用ニーズに合った採用支援サービスを選択し、競争力のある人材確保を実現することで、長期的な成長と成功に繋げていくことが重要です。

市場規模の成長予測

採用支援市場は今後も堅調な成長が予測されています。その成長要因として、以下の点が考えられます。

第一に、人材不足が拡大していることが挙げられます。採用難の状況が続く中、企業は適切な人材を採用するために採用支援サービスを活用する必要性を感じています。特に中小企業では、採用担当者の人数が限られていたり、求人広告の効果的な活用方法を持っていない場合が多いため、外部の専門家の支援が求められています。

第二に、労働力のニーズの変動が市場の成長を後押ししています。近年、働き方の多様化が進んでおり、特に若い世代を中心に、柔軟な働き方やワークライフバランスの重視が求められています。これにより、企業は従来の採用手法に加えて、リモートワークやフレックスタイムなど新たな採用オプションを提供する必要があります。採用支援サービスは、このような変化に対応するためのソリューションを提供しています。

さらに、テクノロジーの進歩も市場の成長を後押ししています。AIの活用により、採用プロセスの自動化や効率化が進んでいます。AIは大量の応募書類を自動的に分析し、最適な候補者を選出することができます。また、応募者と企業とのマッチングを高度化させることが可能です。これにより、企業はより効率的な採用活動ができるだけでなく、優秀な人材をスムーズに採用することも可能となります。

採用支援市場は、人材需要と供給のバランスが日々変動していく中で、常に成長と変化を続けています。特に、中小企業や新興企業においては、優秀な人材の採用が成功の鍵となるため、採用支援サービスの需要が高まっていくと予測されます。

しかしながら、市場の競争も激化しています。採用支援業界は多様なサービスを提供しており、企業は自社のニーズに合ったサービスを選定する必要があります。また、採用支援サービスの価格や信頼性、成功事例なども比較検討することが重要です。

総じて、採用支援市場は今後も成長が期待され、採用活動の効率化や優秀な人材の獲得に向けて重要な役割を果たしていくでしょう。企業は自社の採用ニーズや戦略に合わせた採用支援サービスの活用を検討し、競争力を高めることが求められています。

採用支援の種類

採用支援にはさまざまな形態が存在します。詳細を説明します。

直接採用支援

直接採用支援は、企業と求職者を直接繋げる形態の採用支援です。これは、企業が自社の採用ニーズに合った候補者を直接見つけることを可能にします。

具体的な手法としては、求人広告の掲載や採用イベントの開催などがあります。求人広告は、企業が自社の求人情報を広く公開し、興味を持った候補者からの応募を促します。また、採用イベントは、企業が自社の魅力をアピールし、直接的なコミュニケーションを通じて候補者を採用する機会を提供します。

直接採用支援のメリットは、採用プロセスのスピードと候補者との直接的な関係構築にあります。企業は自ら求人広告を出稿することで、候補者との直接的なコンタクトを持つことができます。これにより、応募者との面接や選考プロセスを迅速に進めることができます。また、企業が自社の魅力や環境をアピールする機会も得られます。

直接採用支援のデメリットとしては、企業が自社の採用活動に必要なリソースを持っている必要がある点が挙げられます。自社で求人広告や採用イベントを企画・実施するためには、広告費用やイベント運営費用などが必要です。また、採用活動に関わる時間や労力も必要となります。したがって、中小企業や人材リソースに限りがある企業にとっては、外部の支援を活用することが求められるでしょう。

総じて、直接採用支援は企業が自主的に採用活動を行うための手段として重要です。企業は自社の求人情報を広く公開し、興味を持った候補者とのコミュニケーションを確立することで、優秀な人材を直接的に採用することができます。しかし、企業自体が採用プロセスに必要なリソースを持たない場合には、外部の採用支援サービスを活用することも検討すべきです。

間接採用支援

間接採用支援は、媒体やエージェンシーを通じて採用活動を支援する形態の採用支援です。これは、企業が外部の専門家やプロフェッショナルの知識やネットワークを活用することで、効率的かつ効果的な採用を実現します。

間接採用支援の手法としては、求人広告媒体や人材紹介エージェンシーの活用があります。求人広告媒体は、企業の求人情報を広告媒体を通じて多くの求職者に発信します。一方、人材紹介エージェンシーは、企業と求職者のマッチングを専門的に行い、求職者を適切な企業に紹介する役割を果たします。

間接採用支援のメリットは、専門的なノウハウやネットワークを持つ専門家が採用活動を支援することで、高い精度で優秀な候補者を見つけることができる点です。求人広告媒体は、多くの求職者にアクセスすることができるため、多様な候補者を短期間で効率的に集めることができます。また、人材紹介エージェンシーは、候補者のスキルや経験、適性を把握し、企業とのマッチングを行う専門性を持っています。

一方で、間接採用支援のデメリットとしては、サービスの個別性や費用が挙げられます。求人広告媒体や人材紹介エージェンシーは、多くの企業に対して汎用的なサービスを提供しています。そのため、特定のニーズに適した採用支援を行うことは難しい場合もあります。また、これらのサービスは有料であるため、企業にとっては費用負担が発生します。

総じて、間接採用支援は企業が外部の専門家やプロフェッショナルの支援を受けながら、効率的な採用活動を行うための手段として重要です。求人広告媒体や人材紹介エージェンシーを活用することで、企業は多様な候補者とのマッチングや効率的な採用プロセスを実現することができます。ただし、企業は自社のニーズに合ったサービスを選定し、費用や個別性の面を考慮しながら採用支援を活用する必要があります。

採用支援のメリット

採用支援がどのように企業に貢献するのか、具体的なメリットについて解説します。

能力の高い人材の導入

採用支援を活用することで、企業は能力の高い人材を導入することができます。これにより、企業は競争力のある人材を早期に獲得し、組織の成長やイノベーションを推進することができます。

採用支援は、求人広告の効果的な出稿や媒体の選定、候補者のスクリーニングなどを通じて、企業に最適な人材を提案します。これにより、企業は優れた能力や経験を持つ候補者と出会う機会を得ることができます。

能力の高い人材の導入は、企業に多くのメリットをもたらします。まず、優れた人材は類まれなスキルや専門知識を持っています。彼らの経験や専門知識を企業に取り入れることで、業務の効率化や品質向上、新しいアイデアやアプローチの導入などが可能となります。

また、能力の高い人材は早期に企業のチームに参加し、早くからその能力を発揮することができます。これにより、企業はスムーズな業務遂行やプロジェクトの推進を図ることができます。また、早い段階から優れた人材を導入することで、組織の文化やビジョンにも早く適応し、成果を上げることができるでしょう。

さらに、能力の高い人材の導入は、競争力の向上にも繋がります。優れた人材が集まることで、企業のビジネスの領域拡大や新規事業の立ち上げなど、成長戦略を推進することができます。また、他の企業との差別化や革新的なサービス・製品開発なども可能となります。

能力の高い人材の導入には、採用支援サービスの活用が重要です。企業は自社のニーズに合わせた採用支援サービスを選ぶことで、適切な候補者とのマッチングを図り、能力の高い人材を確保することができます。

総括すると、採用支援を通じて能力の高い人材を導入することは、企業の競争力や成長を促進する重要な要素となります。優れた人材は企業の成功に不可欠であり、採用支援サービスを活用することで、企業は効果的かつ効率的な採用活動を行い、能力の高い人材をスムーズに獲得することができるでしょう。

採用活動の効率化

採用支援を活用することで、企業は採用活動を効率化することができます。これにより、求人広告の効果的な出稿や選考プロセスの最適化など、よりスムーズかつ迅速な採用プロセスを実現することができます。

まず、求人広告の効果的な出稿によって、企業は適切な候補者をスムーズに集めることができます。採用支援サービスは、求人広告媒体の選定や広告内容の最適化などを行います。これにより、企業は多くの求職者に自社の求人情報を届けることができるだけでなく、魅力的な広告を作成することで優秀な応募者を集めることができます。

また、採用活動の選考プロセスの最適化も、効率化の重要な要素です。採用支援サービスは、応募者の情報をスクリーニングし、適切な候補者をフィルタリングすることで、企業は時間の節約と候補者の質の向上を図ることができます。さらに、面接のスケジュール調整や選考結果の迅速なフィードバックなども、効率化に貢献します。

採用活動の効率化によるメリットは多岐にわたります。まず、効率的な採用プロセスは、時間やコストを節約することができます。企業は採用に関する業務にかける時間や人的リソースを最小限に抑えることができるため、他の重要な業務に集中できるでしょう。

さらに、効率化された採用活動は、企業と候補者の間の円滑なコミュニケーションを実現します。迅速な選考プロセスやフィードバックの提供は、候補者に対して良い印象を与え、企業のブランドイメージを高めることにもつながります。

総じて、採用活動の効率化は企業に多くのメリットをもたらします。採用支援サービスを活用することで、求人広告の効果的な出稿や選考プロセスの最適化を実現し、効率的で円滑な採用活動を行うことができます。企業はスムーズな採用プロセスを通じて優秀な人材を採用し、競争力を高めることが求められます。

採用支援のデメリット

採用支援にもデメリットが存在します。そちらについても説明します。

費用

採用支援には費用がかかることがあります。採用支援サービスは一般に有料で提供されており、その費用は企業にとって負担となる場合があります。

費用は、採用支援サービスの種類や内容、利用する範囲によって異なります。例えば、求人広告の出稿費用や媒体利用料、人材紹介エージェンシーの手数料などが採用支援に伴う費用として発生します。採用支援サービスの料金体系は、一定の手数料や成功報酬など、様々な形態があります。

費用に対して企業は慎重な検討を行う必要があります。採用支援にかかる費用は、企業の予算やリソースに合わせて適切に管理する必要があります。また、費用の面だけでなく、採用支援サービスの信頼性や提供される付加価値も考慮することが重要です。

費用がかかる一方で、採用支援によるメリットも存在します。例えば、採用支援を利用することで労力や時間を節約することができます。企業は自ら採用活動を行う場合と比べて、より効率的かつ効果的な採用プロセスを実現できるでしょう。

また、採用支援によって導入される能力の高い人材や、効率的な採用プロセスによる成果の向上などは、費用以上の価値を提供することもあります。企業は、採用支援にかかる費用とその見返りをバランス良く比較検討する必要があります。

最終的には、企業のニーズや予算に最も適した採用支援サービスを選ぶことが重要です。費用だけでなく、信頼性や提供されるサービスの内容、実績や評判などを総合的に考慮し、より効果的な採用支援を実現するためのサービスを選定することが求められます。

汎用性のための個別性の欠如

採用支援サービスは、多くの企業に対して汎用性を持って提供されることが一般的です。しかし、そのために個別の企業のニーズに完全に合致することは難しい場合もあります。これが、採用支援の汎用性による個別性の欠如という課題です。

個々の企業は、採用活動において異なるニーズや要件を持っています。業界や職種によって求められる人材のスキルや資格、専門知識なども異なります。また、企業の文化やビジョンに沿った人材を見つけることも重要です。しかし、採用支援サービスは多くの企業に対応するため、特定のニーズを満たしきれない場合があります。

これによって、企業は自社の独自性や個別性を反映した採用活動が難しくなる可能性があります。採用支援サービスの汎用性によって、企業は一定の枠組みに縛られることがあります。個別のニーズや要件に合わせた採用戦略や方法が求められる場合には、企業は他の手段や専門家の支援などを検討する必要があります。

採用支援サービスを活用しながら、企業が個別性を確保する方法としては、サービスプロバイダーとの密なコミュニケーションが重要です。企業は自社のニーズや要件を明確に伝え、サービスプロバイダーと協力して最適な解決策を見つけることが求められます。また、複数の採用支援サービスを比較検討することも重要です。それぞれのサービスの特徴や提供される付加価値、顧客のフィードバックなどを踏まえて、自社に最も適したサービスを選定することが必要です。

総括すると、採用支援サービスの汎用性が持つ個別性の欠如は、企業にとって課題となることがあります。しかし、企業が自社の個別なニーズや要件を明確に伝え、適切なサービスプロバイダーとのコラボレーションやサービスの比較検討を行うことで、個別性を確保しながら効果的な採用活動を実現することができるでしょう。

未来の採用支援市場

採用支援市場の未来について見据えます。

AIの活用

AI(人工知能)の活用は、採用支援の分野でも注目されています。AIの技術進化により、自動化された採用プロセスや高度な人材マッチングが可能となります。

まず、AIを活用した自動化された採用プロセスは、面倒な作業の省力化や時間の節約に貢献します。例えば、AIは大量の応募書類を自動的にスクリーニングし、最適な候補者を選出することができます。これにより、採用担当者は候補者のスクリーニングに費やす時間を大幅に削減できます。また、AIは過去の採用データや成功事例を分析し、効果的な採用プロセスの改善や最適化をサポートします。

さらに、AIによる高度な人材マッチングは、候補者のスキルや能力を企業の求める要件とマッチさせることができます。AIは応募者の履歴や経験、潜在的な能力などを綿密に分析し、最適な候補者を特定します。これにより、企業は優れた人材をより正確かつ効率的に選抜することができます。

ただし、AIの活用には注意点もあります。AIはデータに基づいて学習するため、十分なデータや正確な評価基準が必要です。また、AIによるマッチング結果は一つの指標であり、候補者の全ての能力や適性を完全に評価するものではありません。人間の視点や判断力は重要な要素であり、AIと人間の組み合わせによる採用活動が求められます。

総じて、AIの活用は採用支援において効果的な手段となります。自動化された採用プロセスや高度な人材マッチングにより、効率性や精度の向上が期待できます。AIを活用することで、採用活動の効率化や優秀な人材の獲得がより容易になることでしょう。ただし、AIの活用は補完的であることを忘れず、人間の視点を重視することが重要です。

リモートワーク対応

リモートワークの増加に伴い、採用支援においてもリモートワーク対応が求められています。リモートワークは、時間と場所の制約を超えた柔軟な働き方を実現するため、企業や求職者の間で人気が高まっています。

採用支援においては、リモートワークに適した採用オプションやツールの提供が重要です。例えば、オンライン面接やビデオ会議ツールの活用により、地理的な制約を超えて候補者との対話が可能となります。また、採用支援サービスはリモートワークに適したスキルやワークスタイルを持つ候補者を見つけ出すことも重要です。

リモートワーク対応の採用支援は、企業と候補者のニーズのマッチングにおいても重要な役割を果たします。リモートワークでは、コミュニケーションや自己管理能力など、リモート環境での働き方に求められるスキルや資質が重視されます。採用支援サービスは、候補者のリモートワークに対する適性や必要なスキルを評価し、企業に適した候補者を提案することが求められます。

リモートワーク対応の採用支援は、企業にとってもメリットが存在します。例えば、地理的な制約を受けずに広範な人材プールから採用できることや、オフィススペースや通勤コストなどの削減が挙げられます。また、柔軟な働き方を認めることで、ワークライフバランスや働きやすさを提供することができます。

総括すると、採用支援においてはリモートワーク対応が重要です。リモートワークの増加に伴い、リモートワーク環境に適した採用オプションやツールの提供、リモートワークに適したスキルやワークスタイルを持つ候補者の発掘などが求められます。採用支援サービスは、企業に優れたリモートワーク環境を提供し、優秀なリモートワーカーの採用を支援することで成果を上げることができるでしょう。

採用支援を検討する際のポイント

採用支援を利用する際のポイントについて具体的にまとめます。

ご自身のニーズの理解

採用支援を検討する際、まず重要なのはご自身のニーズを理解することです。具体的には、どのような人材を採用したいのか、求めるスキルや特性は何か、採用の目的や期待する結果は何かを明確にすることが大切です。

自社のニーズを理解することで、より適切な採用支援サービスを選択できます。例えば、リモートワーク対応や特定の業界・職種に特化したサービスなど、自社のニーズに合ったサービスが存在します。また、選考プロセスの効率化や採用のコスト削減を求める場合も選択肢が異なるかもしれません。

ご自身のニーズを明確にする際には、現在の人材状況や採用の課題、組織における成長戦略を考慮することが重要です。また、過去の採用経験や課題から学んだ教訓も参考にすることができます。

自社のニーズを理解することは、採用支援の成功につながるポイントです。それにより、企業は自社に最適な採用支援サービスを選択し、求める成果を得ることができます。おすすめは、自社のニーズを明確にし、それに合致したサービスやプロバイダーとの相談を行うことです。

サービス選定の要素

採用支援サービスを選定する際には、いくつかの要素を考慮する必要があります。費用や信頼性、成功事例などが重要な要素となります。

まず、費用は採用支援サービスを利用する上で重要な要素です。サービスの料金体系や費用の透明性を確認し、自社の予算に合うかどうかを検討しましょう。また、費用に見合った効果が得られるかどうかも重要な判断ポイントです。

次に、信頼性は採用支援サービス選定の重要な要素です。過去の顧客のフィードバックや口コミなどを確認し、サービスプロバイダーが信頼に値するかどうかを判断しましょう。実績や専門性を持つ企業や専門家に関する情報も参考になります。

さらに、成功事例を参考にすることも大切です。過去の採用支援の実績や提供された価値を把握することで、自社のニーズに合致するサービスを見つけることができます。成功事例は、採用支援サービスの提供力や候補者の質などを評価する際の重要な指標となります。

これらの要素を総合的に考慮し、自社のニーズに最も合った採用支援サービスを選定してください。重要なのは、自社のニーズを明確にし、それに対して最適なサービスプロバイダーとの相談や評価を行うことです。これによって、採用の効率化や優秀な人材の獲得を実現することができます。

まとめ

採用支援市場についての全情報を総括します。

採用支援市場の現状と展望

現在の採用支援市場は成長著しい状況にあります。採用の重要性が認識され、企業が優秀な人材の確保に力を入れる中、採用支援サービスの需要も急増しています。さらに、人材不足や労働力の変動といった課題もあり、採用支援市場は今後も拡大の一途をたどる見込みです。

将来展望を考えると、AI技術やリモートワークなど、新たな需要とテクノロジーの進化が市場を変革することが予想されます。AIの活用による自動化や能力の高い人材の特定、リモートワークの増加に対応した採用オプションの提供など、市場はより効率的で柔軟な採用支援を追求していくでしょう。

採用支援市場は競争も激化していますが、需要の増加とテクノロジーの進化により、さらなる成長が期待されます。企業は自社の採用ニーズに合わせたサービスの選定やニーズの把握、常に変化する市場環境に対する柔軟な対応が求められます。採用支援市場は、企業の人材確保や成長戦略をサポートする重要な役割を果たしていくでしょう。

採用支援の重要性

採用支援は、企業において非常に重要な役割を果たしています。労働市場の変化や競争の激化に直面する中で、優秀な人材を採用することは企業の成功に不可欠です。

採用支援の重要性は、優れた人材の獲得だけでなく、労力と時間の節約による効率化も含まれています。企業は採用活動に膨大な時間と労力を費やす必要があり、それに対して採用支援サービスを活用することで、効率的かつ迅速な採用プロセスを実現することができます。

さらに、採用支援は企業の競争力を高める重要な要素でもあります。優れた人材の導入によって、企業はイノベーションや成果の向上、競合他社からの差別化などを実現することができます。また、採用支援は企業のブランドイメージや雇用主の魅力を高める助けとなります。

さらに、採用支援は労働市場の変化に対応するための重要な要素です。人材不足や労働力の需要の変動など、労働市場にはさまざまな課題が存在します。採用支援サービスは、これらの課題に柔軟に対応し、労働市場のニーズに合わせた人材を見つけ出す力を持っています。

総じて、採用支援は企業にとって重要な戦略的な課題であり、採用活動の効率化や優秀な人材の獲得を実現するための貴重な手段です。企業は採用支援の重要性を理解し、自社のニーズに合ったサービスを選定して活用することで、競争力の向上と持続的な成功を実現することが求められます。

株式会社アクタム
ロゴ
建設業界に特化した映像コンサルティングサービスを展開し、場所を選ばずにオンラインで対応できる体制を整えています。企業様が抱える様々なお悩みに寄り添ったサポートができるよう、尽力しております。
株式会社アクタム

〒164-0013

東京都中野区弥生町3丁目32-1

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG